うさぎ好きの向こう側

初代真っ黒ネザーのアンは永遠の守り神。 現在2代目ネザーのジャンとラブラブ生活。 ジャンは色々問題ありだけど日々楽しく過ごしています。他にスイーツ、お花、お出掛け、うさグッズ等色々綴ります。

視線が恐いアンちゃん

昨年12月の不調が嘘のように、食欲旺盛になっているアンちゃん。
朝も夜もペレットを食べ終わるのがやけに早い。
気が付けば、食べつくしたペレット容器の前に、もっとちょうだいと言わんばかりにこちらを向いてじーっとお座り。



おやつに大好きな小松菜を食べた直後だっていうのにねぇ。
何か目が恐いんですけど。




もう何もくれないとわかるのか、扉をあけてもこっちに寄ってきもしない(*_*)



何だか冷たい視線が突き刺さる・・・・
ずっと容器の前にこっちを向いてうらめしそうに見ていられると、何か気になってしょうがない。
甘い飼い主は、おかわりの小松菜を少しだけあげてしまった。。。



すぐに食べつくしてしまった。



なのに、この恐い目つき・・・
さすがにもうあげられませぇんよ。
晩ごはんまで待ってくださーい。
チッと舌打ちが聞こえてきそうな感じだけど、これ以上甘やかすことはできないのよね。



食欲旺盛なのは嬉しい事だけど、やたらと凄い勢いだと、逆に心配しちゃうわ。
へやんぽでも元気いっぱいで、ソファに乗ったり降りたり忙しい。
ひどい時は、ケージのガードにしている設置できるかじり木を親の仇のように齧りまくったり、齧って引っ張ったり大騒ぎ。
しょうがないので、発散の為にへやんぽさせるのだけど。
そうかと思ったら、翌日は今日のように大人しいけど、ねっとりした視線で食べ物要求。
暴れるよりかはマシだけど。
アンちゃんに翻弄される飼い主なのでした(^_^;)