うさぎ好きの向こう側

初代真っ黒ネザーのアンは永遠の守り神。 現在2代目ネザーのジャンとラブラブ生活。 ジャンは色々問題ありだけど日々楽しく過ごしています。他にスイーツ、お花、お出掛け、うさグッズ等色々綴ります。

ポーセラーツのフードボウル&スナッフル治療経過

先日、アニマルコミュニケーション付きのお茶会に参加した際にレッスンを受けたポーセラーツのフードボウルが届きました!
ポーセラーツは、簡単に言うと白い磁器に転写紙を切って貼り、高温で焼くのですが、焼きあがった物が届いたわけです。


じゃじゃ〜ん!



ちょうどアンちゃんみたいな黒うさぎの転写紙があったので、これを使って作成しました。
下に入っているラインを貼るのが地味に難しかったです。ちょっとよれちゃいましたが、初めてだから仕方ないってことで(^_^;)
大人可愛いフードボウルが出来上がったと思います。
これはうさちゃんがひっくり返せないボウルらしいので、アンちゃんも大丈夫かな。



このボウルでおやつをあげてみました。



ボウルをイタズラする事なく食べてくれました。
何か目をひんむいてますが・・(^_^;)











ところで今日は、アンちゃんの2週間ぶりの病院です。
先日の先生からの電話で、薬剤感受性試験の結果が出て細菌はシュードモナス、現在使っている抗生剤(ドキシサイクリン)で問題ないという事でした。
でも、くしゃみの連発回数も多いし、白鼻水もでているし、良くなってる感じがしない。
という訳で色々先生に質問責め。


このシュードモナスは元々うさぎにいる菌だが、それが増えてしまってスナッフルになっているのだが、薬が効きにくいらしい。はぁなんてこった(+_+)
現在の抗生剤(ドキシサイクリン)は有効だという事で薬の変更はなし。後3週間は続ける事になった。


以前、点鼻薬(ゲンタマイシン)を鼻に入れづらいという事で、点眼していたのだが、それ程効果は見られませんでした。ちなみに前回やったネブライザーのお薬もゲンタマイシン。
やはり、鼻に直接入れた方が効果があるだろうという事で、ステロイド入りのフラジオマイシンに変更して点鼻薬をやる事になりました。


それ程鼻水が沢山出ていなくても、連発くしゃみの回数が多い時は、鼻がムズムズしている時なので、この点鼻薬をしてみてくださいとのこと。→帰宅して約4時間後また連発くしゃみが始まったので(40連発位)、点鼻薬をしてみたが、その後も10連発くしゃみ度々。少しおさまっている時間もあったが、結局2時間後の連発くしゃみの時に茶色っぽいものが入った鼻水が少し出た。血なんだろうか。くしゃみし過ぎで粘膜が炎症を起こしてるのだろうか。心配だな。これが続くようならまた先生に相談するしかないんだろうか。


ずっと以前に鼻涙管洗浄の事を聞いた気がしたので、スナッフルに効果があるのか聞いてみました。本来これは涙が出る時の治療でスナッフルの治療ではないのだが、奥の方のどろどろ鼻水が出たりするので効果がある場合もあるとのこと。人間で言うと、鼻うがいと同じ事らしい。効果があるかもしれないので、やってもらう。
生理食塩水を細い管で目から入れると、むせる感じで鼻から出している。鼻水も混じってたのかよく分からなかったが、効果があったのかはよく分からない。



現在のアンちゃんのスナッフルの状態は、それ程酷い状態ではないという事。
本当に酷いと、鼻水がずっと出ていて鼻の周りはカピカピになり、ぜいぜいしている、食欲が落ちる等の症状があるらしい。
あまり深刻に考えすぎない方がいいと言われたが、酷い状態になってからでは遅いと思う。
くしゃみでは死なないと言われたけど、あんな連発くしゃみ見てるのは辛い。
アンちゃんだって気分がいいわけない。
混んでる病院で30分も話し込んだが、結局は同じ薬+新しい点鼻薬で様子を見る事になった。
長い闘いになってきたけど、何とか良くなって欲しい。




先が見えなくて心が折れそうな飼い主だけど、病院でのほんわかエピソードをひとつ。
先生の話を真剣に聞いていると、うふふふという看護師さんの声。
右側にいる看護師さんを見ると、看護師さんに立っちして、じゃれついているアンちゃんが(^_^;)
あ、あのねーアンちゃん。アンちゃんの為に飼い主はどしつこく先生に色々聞いて、真剣な話をしているんだよ。その横であーた何やってんの?全く・・・
病院は結構好きみたい。というか看護師さんが好きなのか。。。




「ボク若い女の人が好きー」
あっそーですか・・・(~_~;)