うさぎ好きの向こう側

初代真っ黒ネザーのアンは永遠の守り神。 現在2代目ネザーのジャンとラブラブ生活。 ジャンは色々問題ありだけど日々楽しく過ごしています。他にスイーツ、お花、お出掛け、うさグッズ等色々綴ります。

バッチフラワーレメディの効果

ジャンが外出ストレスで食欲が落ちるのが気になり(特に病院に行く時は体調が悪いので余計ストレスがかかり回復が遅い気がする)、以前からなんとなくは知っていたバッチフラワーレメディを試してみました。




レメディを販売しているうさぎ専門店「ココロのおうち」さんにメールで問い合わせしてみたり、自分でも調べたりして、家から近い自由が丘にあるレメディを販売しているお店で購入してみる事にしました。




バッチフラワーレメディとは・・・←詳しくはこちらをご覧ください。横着^^;





お店で貰ったパンフレット






こちらにはレメディの簡単な説明やあげ方が書いてあります。







沢山の種類がありますが、この中から外出ストレスに効果があるとされるレスキューレメディを使ってみる事にしました。



10mlの小さなボトルです。





未だ食欲が安定しないジャンですが、お薬がなくなったので行きつけ病院へ行く前に、まず大好きな水菜にレメディを4滴たらして食べてもらいました。
今回は車移動なので、キャリーバックの上部部分を開けて、顔出しして外の風景を見せるようにしました。外を見た方が気分転換になるかもというのと外の感じにも慣れてもらう為です。
前々回通院時から慣らす為に、待合室でも顔出しして周りを見せるようにしていましたが、ワンコがいると恐いのか潜ってしまってましたが、今回は少し鳴いてるワンコがいたのですが、顔出しして見ていました。少しは慣れたのかな。
キャリーバッグに入れていたイタライも少し食べてました。



10/18にうっ滞の診断を受けてお薬生活していましたが、なかなか食欲が安定せずで、ずっと換毛も続いており、そのせいじゃないかという感じです。
少し柔らかうんちも出したりするという事も伝えたので、お薬の中の乳酸菌を変更。
暫くお薬継続です。



帰宅後、すぐお薬にレメディを4滴混ぜてあげました。
1日4回以上を目安に飲ますとパンフレットにも書いてあるので、その後おやつ野菜、夜のお薬にもレメディを入れてあげました。









ジャンは午後からペレットを食べ始めるので、病院やうさぎ専門店へは基本午前中に行きますが、外出してしまうとペレットを食べ始めるのは物凄く遅いです。
健康な時グルーミングでお店に行った時でもペレットを食べ始めるのは夕方5時頃。通常の半分の量しか食べられませんでしたが、健康な時は1日で通常量を食べられるようになります。
でも不調で病院に行くと、お薬を飲んでも当日は少ないと1g、多くても6g位しか食べられません。
その後も3日位は本当に少ない量しか食べられないのです。
明らかに外出ストレスで回復が遅くなっていると感じます。








前置きが長くなってしまいましたが、今回の通院ストレスの為にあげたレメディの効果は・・・


まず、レメディ入りお薬をあげたのが午前10時頃。
12時半頃、ペレットを少し食べたように見える。13時半頃にははっきりペレットを少しですが食べてるのを確認。
まず外出したのに、ペレットを食べ始めるのが早いのにビックリ!
そして、いつも通り19時頃昼間食べた分をチェックしたところ、7gも食べてる!!! 
ひぃっ外出してこんなに食べたのは初めて!


その後、夜分ペレットはいつも通り翌朝チェックしたところ、8g食べているので、合計15gも食べてる!!
ジャンの現在の適正ペレット量は、1日16gと先生に聞いたので、ほぼ問題ない量を食べてる!(^^)!



外に慣れるように外の風景を見させたりはしましたが、ここまでの効果はやはりレメディ効果じゃないかと思ってしまいます!
あくまでジャンの場合なので、どんな動物にも効果があるかは分かりませんが、思い切って試してみて良かったと思います。


翌日(今日)は一応朝のお薬にレメディを混ぜてあげました。
どの位食べてくれるか・・・
夜も一応あげてみようかと思いますが、あとは様子見ですね。
今日もちゃんとペレットを食べてくれるといいのだけど。



大好きオーツヘイを食べるジャン。
好きなモノばっか食べないで、ちゃんとペレット食べておくれよ〜